アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「平和」のブログ記事

みんなの「平和」ブログ


定期大会と平和学習会を開催

2014/02/26 18:00
引き続き青年部書記となったオガミです。
広島自治労連青年部は、2月22日に、第4回定期大会と、平和学習会を開催しました。

画像

大会には25名が参加。
青年だけでなく、親世代も駆けつけてくれるのが広島の特徴です。

1年の活動を振り返り、次の1年もおきプロNEXTをポイントにがんばるぞ、と決意。
役員体制も少しかわりました。
副部長が1名増え、書記長が交代し、書記次長が2名となりました。
最大単組の広島市職労からようやく役員が出たこと、幹事にも新たな単組から選出があるなど、役員体制はかなり充実したと思います!

画像

平和学習会は、日本平和委員会の川田常任理事が講師。
50人が参加しました。

川田さんは、青年の質問に答える形でお話してくださったので、内容に対して理解がしやすく、いろんな事象の関係性も明確でした。
「平和学習で感動したのは初めて」
「抑止力論が現実には歯止めにならないことがよくわかった」
「中国や北朝鮮など外国との付き合いにコミュニケーションが大切なのは、自分の職場を振り返ってみても同じだと思った」
など、多数の感想が寄せられています。

今後のことは、今夜青年部4役会議が行われ、来月第1回の役員会も開催されるので、そこで具体化する予定です。
記事へトラックバック / コメント


わかものがかり、発行しました

2013/12/05 13:15
画像画像

オガミです。
かなり遅くなりましたが、平和大会の号を本日発行。
印刷・発送作業は今日・明日で行う予定です。
次の号は来年発行になる予定です。
記事へトラックバック / コメント


原水禁大会

2012/08/09 10:22
書記のオガミです。ちょっと間が空きました。

今日は長崎に原爆が投下された日です。広島は6日でした。
世界から核兵器をなくそうと「原水爆禁止世界大会」が今年も広島と長崎で開催。
広島自治労連青年部からも、何人か大会に参加して、世界情勢を学んだり、ヒバク体験を聞いたり、各地の青年と交流したりしました。

核兵器は、ただ威力のある爆弾というものではなく、福島の原発事故でも問題になった「放射能」をまき散らします。
近距離で大量に浴びると即死するほどの「毒素」でもあり、少量でも、摂取したらがんが発生することもあります。
一度大量にばらまかれてしまった放射能は、時間と人手をものすごくかけないと安心して暮らせる状態まで減らすことができません。
現在の人類の科学力で手に負えるものではないと、個人的には思います。

だからこそ、核はいらないと訴え、なくしていく運動を広げたい。

いつか科学力の方が上回る可能性もあるので、核エネルギーの研究はしててもいいんじゃないかなあと思うわけですが、現時点での実用化(核兵器とか原発とか)はダメ。
どうせなら自然エネルギーを研究・実用化してほしい。

二度とヒバクシャをつくらない、がヒロシマとナガサキの願いだったのに、フクシマでヒバクシャがうまれてしまった。
もう本当にこれ以上ヒバクシャをつくらないため、みなさんも一緒に学び、行動しましょう!
まずは、原発をどうしていきたいかというパブリックコメントを政府が集めているので、「ゼロにして!」と訴えましょう。
こちら→ https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0027.html
パブリックコメントって??という方はこちら→ http://sayonara-nukes.org/zero_pubcm/
〆切は8/12、あっという間です。
短すぎ!とも思いますが、とにかくコメントはしておかないと、傍観は「原発推進」の立場をとる政府に賛成したと同じです。
よろしくお願いします!


そして、サマフェスの「わかものがかり」できました。
近日中に組合員のみなさんやその周辺に届くと思います。
記事へトラックバック / コメント


平和学習に行ってきました!

2012/05/28 15:03
5/27(日)、原爆遺跡保存運動懇談会の「第22回フィールドワーク」へ、青年部役員3名で参加しました。
高橋信雄さんを講師に、広島逓信病院の旧外来外科病棟〜広島城跡(大本営跡・地下通信室跡・被爆ユーカリなど)〜旧日銀広島支店を巡りました。

画像
画像
画像

ヒロシマには、平和公園以外にもいろいろと原爆や戦争にまつわる遺跡があります。
今回はそこを学びました、
また、原子爆弾のしくみと、原子発電のしくみの説明があり、人間には制御しきれないエネルギー発生法なんだというtこがよくわかりました。
3種類の放射線(α、β、γ)の違いも詳しく話されて、外部ヒバクと内部ヒバクがどう違い、なぜ起こるのかもわかりました。
では自分で説明できるかと言うと…微妙ですが。
こういう学習企画に今後も参加したり、本やネットで独習したりして、だんだん説明できるようになりたいと思います。

※26日の合同歓迎会については、また別に記事を立てます。
※紙面「わかものがかり」は6月7日頃発行予定です。
記事へトラックバック / コメント


5月の役員会を開催しました

2012/05/18 13:11
こんにちは、書記のオガミです。
昨日、第3回役員会を開催しました。

近況報告をしたあと、平和公園の原爆碑・遺跡について少しだけですが学習し、ちょっとだけ感想交流をしました。
来週日曜日には碑めぐりを予定していますが、現時点で参加希望者ゼロ
ギリギリまで声をかけ、申し込みを待ちますが、本当にゼロだったときには、同じ日同じ時間帯にある別団体主催のフィールドワークに参加し、新たな知識を得ようということにもなりました。

その前日に開催する合同歓迎会には、本日時点で24人の参加が予定されています。
最低でも30人、めざせ60人…!(100人は無理…
留守家庭子ども会労組と児童館労組が予定している、会場全体での体操(ダンス?)が楽しみです!
広島市職労も会場全体でできるレクを予定しています。
おしゃべりとレクと食事(アルコールも)で、いろいろ交流し、組合について知ってもらえたらと思います。

サマーフェスタについては、新たに参加費と実行委員会の日程を決定。
1人2,000円、6/5と6/25に実行委員会を開催します。
レク係と食事係に別れ、それぞれで当日何をするか、準備に必要なものは何か、買い出しはいつ行くか、などをワイワイと相談しますよ〜
そうやって話す中で、仲良くなっていけるのです。興味のある方、ぜひご参加を!
来週にはちらし第一弾が完成予定です。

青年自治研も近づいています。
参加者はまだ2名の予定。あと3人くらい一緒に行きたいです!
で、サマフェス実行委員会の日に自治研参加者も呼び、「自治研ってなに? 何でやってるの?」ということをみんなで学習することになりました!
自治研後のサマフェス実行委員会にも呼び、当日のようすや感想などを話してもらいたいと思っています。
青年アンケートもぽつぽつ集まっているので、6/5のサマフェス実行委員会までに各単組で集計して、内容のまとめをしたものを資料に出したいな〜。

あと、8/4〜6は、みなさんできるだけ休みをとれるようにしておきましょう!
原水爆禁止世界大会・広島があります。
特に5日(日)には、朝から15時まで、全国から青年が集まってヒバクシャから直接被爆体験を聞き、質問などもできる分科会があります。ぜひ一緒に参加しましょう

最後に、県本部の中央委員会が6/14にあります。
青年部からの発言もあります。
たぶん書記長が発言することになりますが、他にも参加できる役員がいれば、一緒に発言しましょう!
ばっちり写真撮って、このブログでも紹介しようと思います★
記事へトラックバック / コメント


戦争展へいってきました!

2011/08/28 16:34
こんにちは★アコです!

本日「戦争展」※へ行ってきました。


「戦争展」とは、日清戦争・日露戦争・太平洋戦争の写真や遺留品などを解説付きで展示し、戦争の悲惨さを戦争を知らない私たちのような世代へ伝えて”平和を守っていこう!”と呼びかけている企画です。


毎年この時期に、県民文化センター地下で行っているようです。


産休中のオガミさんから、昨日久しぶりにメールをもらい、「戦争展」の話を聞きました。
(オガミさん元気ですかー???


戦争展では、昨年の青年大集会以降、親交のある青年ユニオン(青年革新懇)の方々も、展示会で青年コーナーを担当されていたこともあったので、どんなものなのか見学しに行きました。


展示会では、映像や解説もありましたが、何より1対1で解説してくださったので、とてもわかりやすく勉強になりました。
(朝一で行ったからかもしれませんが、丁寧に解説してくださったので、行ってよかったなと思いました。)


戦争展に行ってみて、私が特に印象的だったのが沖縄戦争のことについてでした。
今でもなお残っているミサイルの玉・・・そして、遺骨・・・。
写真をみていると、なんともいえない気持ちになりました。

そして、2009年に行われた”おきプロ”の分科会での学習を思いだしました。
戦争中に使っていたガマへ実際に入る中で、恐怖感を感じ、「2度と戦争はおこしてはいけない」と思ったこと、そして戦争について学習していく必要があると改めて思いました。


展示品は、大きく分けて3つありました。

@市民・県民出展コーナー
出征と戦死のことやその当時の国民生活について新聞や当時のものを展示して解説してありました。

A日本戦争コーナー
日中戦争のはじまりから太平洋戦争のこと、そして沖縄戦争についての解説が写真とともに展示してありました。

B若者コーナー
核は人類と生存できるのかということがわかりやすい解説で展示されていました。


この「戦争展」は、祈念資料館とはまた違った雰囲気の展示会でしたが、とてもわかりやすかったです。

青年部役員の方、青年のみなさん、是非一度行ってみたらいいと思いますよ〜


まだまだ暑い日が続きますが、みなさん体調にはお気をつけくださーい!


次回の青年部役員会は9月5日(月)19:00〜広島県本部です。
*青年部に興味がある方(広島)は是非コメントください!


コメントも待ってまーす
記事へトラックバック 0 / コメント 1


原爆祈念日に思うこと

2011/08/06 22:27
久しぶりのブログとなります。イチです。

 今日は原爆祈念日。この日は朝早く起きて、原爆で亡くなった叔母の
お墓にお参りをして、テレビで式典を見ながら、8時15分に黙とうを捧げました。
今年は東日本大震災での原発事故の事もあり、核兵器も含めた原子力の問題も
焦点となっていました。
 福島で被爆した方の苦悩や苦難は被爆当時の広島と重なる所が少ないと思います。
かつて広島の被爆者が受けた差別や苦難が福島で繰り返されることがないように思いたい
です。
 子供のころは「被爆者」は核兵器が戦争で使われることが無くなったので、これ以上被爆の
犠牲者は出ないと思っていました。でも実際は原発の事故により、新たな悲劇が生まれ続けて
います。
 今回も含め事故後は「完璧な安全対策を」との声が上がりますが、人間のやる事に完璧がある
のだろうかという思いが正直あります。事故の悲惨さや人体や環境へ与える悪影響を考えた時、
原子力エネルギーはあまりにもリスクが大きすぎると思います。
 松井市長が語った「人類と原子力は共存できない。」ということはまさにその通りではないかと思います。
電気を使わない生活に戻ることは現実的に不可能ですが、新しいエネルギーのあり方を考え、実用化
に向け努力することは長期的な視点からみれば可能ではないかと思います。核・原子力の悲劇を繰り返さないためにも人類の課題として考えていかなければと思います。
 核兵器の悲劇は広島・長崎が最後に、原発の悲劇は福島が最後になることを祈り、信じたいと思います。
記事へトラックバック 0 / コメント 3


トップへ | みんなの「平和」ブログ

わかものがかり(広島自治労連青年部のブログ) 平和のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる