アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「広島豪雨土砂災害」のブログ記事

みんなの「広島豪雨土砂災害」ブログ


広島県災対連ブログができたようです。

2014/09/29 17:48
また少し投稿の間が空きました。
青年部機関紙「わかものがかり」を発行したり、ボランティアに行ったり、自治研に行ったりと活動はしているのですが…。

その間に、災害被災者支援と災害対策改善を求める広島県連絡会(略称:広島県災対連)が立ち上がり、ブログができたそうです。
→ こちら

被災地の状況、今後必要な手立て、ボランティアの募集などの最新情報は、ぜひ上記ブログをご確認ください。
記事へトラックバック / コメント


広島豪雨土砂災害ボランティアについて(8/30〜31)

2014/08/27 15:33
組合員のみなさまへ、広島豪雨土砂災害ボランティアについて、続報です。

広島自治労連では、広島県労連とともに、しばらくの間、毎週末のボランティア活動を行うことになりました。
以下、今週末の活動の詳細と、先週末の活動の報告です。


【先週末】

先週末のボランティア活動には、23日に100人、24日に220人が集まりました。
そのうち広島市職労を中心に、広島自治労連からも数十人が参加しています。
家の周りや家の中のがれき撤去、車の周りの泥の撤去などを行いました。
被災地では重機が入らない(進入路がない)場所も多く、ボランティアの支援が今後も必要です。

また、広島市職労の学校給食調理員の有志のみなさんが、「あたたかいものを届けたい」と炊き出しボランティアも行いました。23日は豚汁、24日はカレーライスをそれぞれ800食作成されています。


【今週末】

先週末入った地域で残っている作業や、その周辺地域で住民要求を聞いての作業を行うことになりそうです。
二次災害を防ぐこと、移動手段の確保などの観点から、事前名簿登録した方のみで作業します。

●ボランティアへの参加の仕方●
8月29日(金)14時までに、広島自治労連(広島市職労でも可)へ、氏名・携帯番号・参加日をご連絡ください。
事前登録が難しい方は、個人で安佐北・安佐南どちらかのボランティアセンターへ行っていただくようお願いいたします。

●集合時間・場所●
JR緑井駅に、8時〜8時40分集合です。その後、活動拠点の広島北民商へ移動します。
ただし、要員と車が足りず、緑井駅〜広島北民商・被災現場までの送迎が保障できない状況です。
送迎のみのボランティアも大募集。帰りは15時〜16時半です。

●活動時間●
10時〜15時を基本とします。
送迎の都合もあるので、できるだけ終日参加でお願いします。
途中で帰る場合は、必ず申込時にお知らせください。

●準備物●
自分用の飲み物・食事を持参してください。現地では買えません。必ず事前に準備しましょう。
泥で汚れてもよい服装(長袖・長ズボンが良い)で、長靴(膝まであるものが良い)、軍手(ゴム軍手が良い)、マスク、タオルを持参してください。
スコップ、シャベルなども持って来ていただければ助かります。
個人の持ち物は、目印や名前をしっかり書きましょう。
特にシャベルや長靴は汚れると誰のものかわからなくなります。

●車での参加は控えましょう●
被災地付近は、渋滞が予想されます。
また、ボランティアに入る被災地には駐車場がありません。
必要な車両の通行を保障するため、できるだけ公共交通でのご参加をお願いいたします。
ただし、ボランティア隊の送迎には車があると非常に助かります。
送迎のみのボランティアも大募集していますので、ご連絡ください。ただし、車内は泥で汚れます。


【その他】
週末以外は、広島県労連ではボランティア活動を組んでいません。
平日にボランティアを希望される方は、申し訳ありませんが、各自でボランティアセンターへ行っていただきますよう、よろしくお願いいたします。
また、天候によってはボランティア活動が中止になることもありますので、ご了承ください。


以上
記事へトラックバック / コメント


広島市北部の豪雨災害について(ボランティア募集)

2014/08/22 17:08
先日からニュースにもなっていますように、広島市北部の豪雨災害は日毎に被害が大きくなっています。
広島自治労連や広島市職労の書記局がある地域は特に被害はありませんが、北部は本当に大変です。
亡くなった方のご冥福をお祈りし、行方不明の方が一刻も早く救助されることを心から願うとともに、被災者の方にお見舞い申し上げます。


広島自治労連は、広島市職労とともに、明日8月23日(土)からボランティア活動を実施します。

現時点で被災地で必要とされるのは、土砂のかき出し作業や、浸水した家屋とその周辺の掃除などです。
体力勝負ですので、青年部のメンバーの出番だと考えます。

みなさん日常業務があったり、職務上で災害対応に携わったりするので、お仕事を優先していただくことが大事ですが、休日の一部をぜひボランティア活動の時間にあててください。


【ボランティア参加の注意事項】

●事前に名簿登録をしましょう。

二次災害を防ぐことと、効果的なボランティア活動を行うため、災害対策部(広島市職労内)のボランティア名簿登録をお願いします。
氏名、職場、連絡先をお知らせください。
また、組合員の方はスポット保険に組合負担で加入します。
ボランティア活動中、あるいは活動前後の移動中にケガなどした時のためです。

●無理は禁物です。

スポット保険はありますが、ケガなど二次災害を起こさないことが大切です。
基本的に作業は午前パート、午後パートに分けで行います。
暑い時期ですし、一日通し作業は、体力に自信のある方のみお願いします。
みなさん公務を担っていますので、日常業務がきちんとできることも大切です。
休日のボランティアが勤務日の支障にならないよう、適切なペース配分を心がけましょう。

●装備はきちんと。

土砂はクセモノです。
ゴム軍手、ゴム長靴、帽子、マスク、上下わかれている雨ガッパを用意し、装備しましょう。
ドロドロのまま帰宅するのは大変なので、着替え、タオル、汚れた衣類等を収納するビニール袋などを持参しましょう。
飲み物、食料も多少あると良いです。大きいスコップ、ウェットティッシュなどもあると便利です。


今朝も雨が降り、雷もたくさん落ちました。
どこでどんなボランティア活動ができるかは、状況次第で変わります。
二次災害で被害を拡大しないことは大前提ですので、ボランティア名簿登録の上でご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。


ちなみに、広島自治労連青年部の役員には直接の被災者はいませんでした。
しかし、自宅が被災したり、職場が被災地にあったりして、明日から京都である青年部大会を欠席することになった青年組合員もいます。
広島市職員やその親族には亡くなった方、行方不明の方もいます。
これ以上被害を拡大させないため、今できることをみんなでやっていきましょう。
記事へトラックバック / コメント


トップへ | みんなの「広島豪雨土砂災害」ブログ

わかものがかり(広島自治労連青年部のブログ) 広島豪雨土砂災害のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる